婚活アラフォー女性が愛され、選ばれるようになる秘訣とは!

東京都内・新宿・中野の安心結婚相談所
アラサーアラフォーのための
婚活アドバイザー・仲人の山内です。

婚活アラフォー女性が、愛され選ばれるようになる秘訣とは!

アラフォーK子さんのお見合い&交際でこんなことがありました。

彼女はお見合いはけっこう組めるのですが、
その先の交際がなかなか続かない・・

何回か会って、自分が「良いな」と思った男性から、
なぜかお断りをされてしまう事が多いのです。

ある時、お相手仲人さんより、こんな話を聞きました。

初デートのために、彼が3件ほどレストランの候補を出したのですが、
どこもK子さんから
「あそこは美味しくなかった」
「あそこは一度行った事がある」などと、否定されてしまったそうで、

彼は、もうK子さんに会いたいと思わなくなってしまったとの事。

K子さんに聞いてみた所、
「せっかくご飯を食べに行くのに、マズい所は嫌じゃないですか~。本当に美味しくないんですよ~。
それを知ってるのに言ってあげないと高いお金払うお相手にも悪いじゃないですか?」

確かにね…

マズいと分かってる所に行きたくないし、
せっかくなら美味しい所を薦めたい。

その気持ちはわかります。

でもね・・

気心しれた彼氏ならまだしも、
婚活中の「初デート」でそれはいけません。

何がいけないのかは・・

男性と女性では、考え方や思考が違います。

 

 

 

男性は、女性に

・良い所を見せたい
・喜ぶ顔が見たい。
・上手くやりたい。
・褒められたい。
・満足させたい。

そんな気持ちが強いものです。

女性を喜ばすことで、男性としてのプライドが保たれ、さらにやる気が出て来るのです。

自分がセレクトしたお店をことごとく否定されたら・・
男性は萎えてしまいますし、
その女性に対して頑張ろうとは思わなくなってしまうのですね。。

女性もアラフォーになれば、
良いお店はいっぱい知っている。

無駄な事はしたくない。
自分でパッパと何でもできちゃう。

キャリアウーマンあるある』ですが、
頑張って仕事して、切磋琢磨している間に、

いつの間にか、気付かぬうちに、
人に合わせる事や、いわゆる「可愛げ」が少なくなって来てしまうのです。

たとえ、行った事のあるお店でも、
不味いお店でも、遠いお店でも、センスのないプレゼントでも、

その彼と「一緒に過ごす時間を喜び、楽しめる女性」が選ばれる女性なのです。

どんなお店に連れて行っても、その場を楽しみ、彼との時間を感謝する。いつも笑顔で受け入れてくれる。
そんな雰囲気の女性なら、また男性は会いたいと思うのですね。

男性はとても繊細で、
「自分は特別な存在でありたい」とのプライドがあります。

そこを上手く、
あなただから凄い、あなたとだから一緒にいて楽しい。

お店の料理が不味くても、「あなたと一緒に食べることが嬉しい!」

そんな風に、このお店を一生懸命選んでくれた男性に感謝したり、時間を作って会ってくれた「ありがとう」を言葉で伝え、

時には甘え、頼るようにしていくと、男性はその女性の為にガラリと変身もするし、がぜん頑張ることも出来るのです。

 

婚活デートの目的を忘れてはいけません。

ご飯を食べるのが目的ではなく、一緒に過ごすことが目的!

初デートでは特に、
2人で話し、人となり、相性をみて「また会いたい」と思われることが目的です。

ついつい、自分のペース、価値観で進んでしまいそうなデートや会話・・

ちょっと待って!(^-^;

こういう男性側の思考を意識してみてください。

男性から好感を持たれる女性になるには、
知ってることも知らないふりするくらいの大らかさや気遣いが必要です。

 

「プライドが高そうだ」「将来をイメージできない」
そんな風に思われる女性も、大体こうです。

プライドが高そうな女性や、自分では何でも出来ちゃうアラサーアラフォーのキャリアウーマンには
この人と一緒にいても自分では彼女を幸せには出来ないだろう。自分ではダメだろう。満足させられないだろう。」と思うことが多いのです。

つまり男性は「自分を必要としてくれる女性」を求めてるのです。

 

本気で結婚相手を探したいなら、
もっと賢くなって、

いらぬプライドを放ち、男性から「可愛い(外見だけでなく)」「楽しい」「守ってあげたい」「あなたのためにもっと頑張る」
そう思ってもらえるようになりましょう。

そうすると自然と、自分が良いと思った男性からも、アプローチが続き、

彼にとって「心地よい存在」になって行き、
将来のイメージが湧き、あなたと結婚したいと思うようになっていくのです。

 

婚活の具体的なアドバイスはまだまだたくさんあります。

婚活のご相談は初回無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。