少子化、晩婚化には「お見合い活動」

東京・中野の婚活アドバイザー、山内です

昨今、少子化問題が叫ばれていますが、
少子化の要因の一つは、未婚化、晩婚化だと思います。

若い夫婦は平均二人づつ子供をもうけていますが、
その夫婦に〈もっと子供を産んで〉と言うのは
経済的にも現実的にも無理があります。

それよりも、
結婚する気持ちがあるのに、しない、出来ない多くの未婚男女に
結婚出来る環境を整えるのが先決ではないでしょうか?

今や晩婚化は進み、結婚年齢の平均は、男性30歳、女性29歳と言うデーターがあります。

男女雇用機会均等法や女性の社会進出、親への依存(独身実家族)
結婚だけが人生じゃない等など・・
人生には様々な選択肢はありますが、
どんなに世の中が変わっても、女性の出産可能年齢は変わりませんね。

親が代わってあげることも、お金で解決する事も出来ません。

TVのニュースでやっていましたが
「恋愛結婚」の割合は、今も昔も変わらないんだそうです。

つまり、
恋愛して結婚する男女の数はそう大きく変わらないのに、
何故、晩婚化未婚化になるかというと、

単に【お見合いの機会が減った】からだと、
コメンテーターの先生がおっしゃっていました。

確かに・・・

お見合い活動が、昨今見直されて来ています

続きはこちら・・↓  ↓

少子化、晩婚化には「お見合い活動」