”交際”の温度差

東京・中野の婚活アドバイザー、山内です☆

お見合い後、お互いが”交際希望”になると、
ここで初めて、お相手のお電話番号をお知らせします。
お電話は男性から最初にする事が多いです。

男性は、お見合いで相手を気に入り「交際」とお返事します。
お相手との”結婚”も具体的に考え、気持ちがはやります。

所が女性は、
「もう1,2回会ってから考えよう」
「もう一回会って決めよう」
そう思って”交際”にする方が多いですね。

つまり、ここで”交際”に対する温度差が出てくるわけです。
もちろん、男女逆の場合もありますが・・

”交際”一ヶ月以内で「お断り」
初デートで「お断り」
3回めのデートが終わって「お断り」
残念ながらよくある事です。。(T_T)

たった1人の人としか”結婚”は出来ないんですもの。。
いたし方ありません。
ご縁が無かったのです。

初デート、またはまだ2,3回しか会ってないのに
自分との結婚の意思を聞かれた。
結婚後の具体的な話をされた。

誠意を持って真剣に話した事が、
早急過ぎると、時には引かれてしまいます。

いくら結婚相談所で出会っても、
お互いが好きになり、恋愛して結婚するのです。

交際に入っても、すぐ”結婚”の具体的な話はしないで、
まずは、相手に好きになってもらうこと。
お互いの事を良く知り合う事が先決ですね。

4回、5回とデートを重ねて「また会いたい」と思ったら、
真剣交際に入っていきますので、

交際1~3回のデートは、
焦らず、ゆっくり自然体で、自分の良さを分かってもらいましょう~(^^)
「交際」と言っても、お見合いの延長だと思ってね^^