ドラマ「昼顔」を見て思うこと☆

こんにちは!
東京・中野の婚活アドバイザー、山内です☆

上戸彩主演フジテレビ系列で放送中の話題のドラマ
「昼顔~平日午後3時の恋人たち~
ご覧になってますか?

もう社会現象になっているそうですね?^^

上戸彩ちゃんが可愛いから、1話から見ているのですが、
こんなに話題になるとは思わなかったですね~^^
それだけ主婦層の共感が大きいと言う事でしょうか?

今や【女性の不倫=昼顔】って言葉が定着しそうですね。

「昼顔」どんなドラマかと言いますと・・

上戸彩演じる、笹本紗和(31)は、スーパーでパートとして働く平凡な主婦。
真面目で、夫のお弁当を毎日作る優しい妻。
でも、夫とはセックスレスな事にどこか不満と寂しさを感じている。

吉瀬美智子演じる、滝川利佳子(39)は、雑誌の編集長である夫と2人の娘の4人家族。
裕福な家庭で、一見、幸せを絵に描いたような主婦だが、心に女性としての物足りなさを感じていて、ネットなどで知り合った男と複数浮気している。

斉藤工演じる、北野裕一郎(33)は、高校の理科の教師。
真面目で朴訥(ぼくとつ)。
昆虫の事を話すと目を輝かせる理系男子。
裕一郎の妻のりこは、大学院研究室の准教授。
高いキャリアを持つが、家事は出来ない。

北村一輝演じる、加藤おさむ(45)は、雑誌に挿絵を書く売れない画家。
バツイチ。
独自の世界を持つクールな男。

紗和は、不倫なんて別世界のことだと思っていた。
でも、利佳子と知り合い、
最初は利佳子の行動を批判していたものの、次第に彼女の影響を受け始める。

紗和は、ひょんなことから北野先生と知り合い、惹かれ合うようになる・・。
利佳子も、若い男には飽きて来た頃、夫の仕事で出会った画家に本気で惹かれていってしまう。

と、簡単に書くとこうなのですが(簡単すぎますね^^:)

そもそも、どんな主婦が「昼顔妻」になりやすいのでしょう?

不倫をする女性の多くは、
・女性として見られたい
・夫が自分を女性として愛してくれない
・毎日同じ事の繰り返しで刺激がない
・夫以外の男が素敵に見えた。
・夫への愛情が冷めた

男性と違って、女にとって浮気とは、
単なる性の解消やストレス解消の場でなく、
自分の存在価値を確かめる場なのでしょうね。

家庭の主婦は、◯◯さんの奥さん、◯◯ちゃんのお母さん、
そんな風にしか呼ばれなくて、自分の存在価値に少なからず焦りや不安があるのでしょう。

特に、「昼顔」の主人公、紗和は、まだ31歳。
この若さで子供もいないのに夫から「ママ」と呼ばれ、
「愛しているけど、もう僕達、家族だから・・」と言われセックスレス。
これでは、不満や不安は溜まりますよね・・

でもこの紗和さん、子供もまだいないのですから、
パートじゃなくてもっと本格的に仕事をしたり、
自分を向上させたり、楽しめる趣味を持てば良かったのに・・
と思いましたけど・・^^

一方の利佳子は、多感な時期の可愛い娘が2人もいて、
何やってるんでしょう!?

自分の女としての確認も分かりますが、
まずは子供第一に考えて欲しいものです(・・;
女の前に母親なんですから。

母親の前に「女の性」が強いこういう女性、いますよね・・たまに。

彼女も、裕福な家庭の時間のある主婦です。
他の趣味を見つければ良かったのにね~と思います(^o^;)

女性の浮気って、浮気で済まないことが多いですね。
男性の浮気とは、根本的に違う気がします。。
浮気のつもりが本気になって、もう元の生活には戻れなくなっちゃうんでしょうね~。

このドラマ「昼顔」、何がハッピーエンドかわからないですが、
多分、紗和と北野は結ばれずに別れるんじゃないかな~?^^

「昼顔妻」はみんな、無いものねだり。
「隣の芝は青く見える」現象
なんですよ。

北野先生だって、クールでカッコイイ、優しいし、
どことなく影があって、でも母性本能くすぐられちゃう~(*^_^*)と思っていても・・
いざ、一緒に住み始めたら、
これまた普通の男なんでしょうね~^^;

利佳子の浮気もそう。。
浮気がバレて家を追い出され、ミステリアスな加藤の元に転がり込んだのは良いけれど、お金もない貧乏暮らし。
生活費の為に水商売で働き始める利佳子。

「あぁ~、私はこの男の為にこんなに苦労しちゃってるの~」と、
自分に酔っていても、いつかその幻想から目が冷めるでしょうね~
元々、贅沢な暮らしをして来た奥様ですから。無理です。
子供を捨ててまで選ぶ道じゃない。。

そうは言っても、
不倫や、反対された恋、障害のある恋は、
燃えちゃうんですよね~(*^^*)

密かに逢う秘密の恋・・
甘美です・・
悲劇の自分に酔いしれる。。

でも、長続きはしない。
それはやはり「幻想」だからですよね。

お互いに良いところだけ見てるんですもの。
カッコイイ、素敵な姿しか見せていない。

でも、日常になれば、嫌な所も目につく、
カッコ悪い所だらけ
意外と◯◯だった・・多々。。
こんな風に段々と、熱も冷めていくのです。

特別な男」なんていないんです。
「特別な人」と思いたいだけ。

不倫は、その「状況」に酔っているだけのような気がするんですよね。

本当の「愛」は、
嫌なところを見ても、
だらしない所をみても、
お互いを「分かり合い」「助け合い」「いたわり合い」
日常の何気ない生活の中で、信頼を築いて行く。
そうやって育まれた「愛情」なんですよね。

「昼顔」を見て思ったことは、
今の状況を人のせいにして、被害者意識持ち過ぎじゃないですか?^^;って。。

沢山稼いで来てくれる夫、良いじゃないですか?
「妻を冷蔵庫としか思っていない」と不満に思うなら、
自分も働いてみたら良いんです。
子育てだけに専念出来る恵まれた環境を作ってくれる夫に感謝すべきですよね。
まぁ・・あんなねちっこい旦那さんも嫌だし、メンテナンスも必要ですけどね^^;

紗和も、夫とのセックスレスなど、不満があるなら
きちんと自分の気持ちを言って話し合う事が先決。

子供を作るかどうかも夫婦には大事な問題ですもの。
避けては通れないですよね。
そこに愛情がないのなら、無理することはないですしね。。と、

ドラマ「昼顔」で、つい熱く語っちゃいましたが・・(^o^;)

自分の”夫”や”状況”に不満を持って「昼顔」する前に
自分が輝けるよう、何かを見つけることも大事なんじゃないかと思うんです。

・自分をしっかり持っている
・自分が輝いている
そういう女性は、「昼顔妻」にはならないと思いますよ

女性の皆さん~\(^o^)/
もっと自分を大事にしましょうね

でもドラマ「昼顔」・・面白いんですよね~( ´艸`)

気さくで話しやすい仲人士 山内が、
ご成婚まであなたをもっと素敵にするアドバイス&サポートをいたします。

お問い合わせ
Tel:08056897990

【好評!無料メルマガ配信中~!】

【半年以内で”幸せな結婚”をするために~】
★男性向け!
※ご希望の方はこちらから?
 
★女性向け!
※ご希望の方はこちらから
(配信の解除はいつでも出来ます)

Facebookページ はこちらから